• 20515
    アクリノール外用液0.2%「ヤマゼン」
     
    包装
    容器
    梱包
    500mL
    ガラス瓶
    20本
    組成・性状
       
    組成:本品1mL中、日局アクリノール水和物2mgを含有する。
    性状:本品は黄色の液体である。
    効能・効果
       
    化膿局所の消毒、化膿性疾患
    用法・用量
       
    0.05~0.2%の液(本品をそのまま~4倍までの希釈液)として使用する。
    貯法
       
    遮光して室温保存、気密容器
    規制区分
       
    普通薬
    補足資料
    ラベル
     
     
     
         

  • 30015
    オキシドール「ヤマゼン」M
     
    包装
    容器
    梱包
    500mL
    ポリ
    20本
    組成・性状
       
    組成:本品1mL中、過酸化水素30mgを含有(3w/v%)する。添加物としてフェナセチン、エタノールを含む。
    性状:本品は無色澄明の液で、においはないか、又はオゾンようのにおいがある。
    pH:3.0~5.0 比重:約1.01(20℃)
    効能・効果
    用法・用量
     
    創傷・潰瘍の殺菌・消毒
    原液のまま、若しくは2~3倍に希釈して塗布・洗浄する。
    外耳・中耳の炎症、粘膜の炎症
    原液のまま塗布、滴下又は2~10倍(耳科の場合、ときにグリセリン、アルコールで希釈)に希釈して洗浄、噴霧、含嗽に用いる。
    口腔粘膜の消毒、歯の清浄等
    原液又は2倍希釈して洗浄・拭掃する。
    口内炎の洗口
    10倍希釈液を用いる。
    貯法
       
    遮光して30℃以下で保存、気密容器
    規制区分
       
    普通薬
    補足資料
    ラベル
     
     
     
         

  • 35015
    クレゾール石ケン液「タイセイ」
    日本薬局方 クレゾール石ケン液
    包装
    容器
    梱包
    500mL
    ポリ
    20本
    組成・性状
    組成:1mL中、日局クレゾール石ケン液1mL含有(クレゾール42~50vol%含有)。添加物としてナタネ油、水酸化カリウムを含有する。
    性状:本品は黄褐色~赤褐色の粘稠性のある液で、クレゾール臭がある。
    効能・効果
    用法・用量
    クレゾールとして下記の濃度に希釈して使用する。
    1.手指・皮膚の消毒
    2.手術部位の皮膚の消毒
    3.医療機器の消毒
    4.手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒
    0.5~1%(本品の50~100倍希釈液)
    5.排泄物の消毒
    1.5%(本品の33倍希釈液)
    6.膣の消毒
    0.1%(本品の500倍希釈液)
    貯法
    遮光して室温保存、気密容器
    規制区分
    普通薬
    補足資料
    ラベル

  • 55515
    フェノール「ヤマゼン」
    日本薬局方 フェノール
    包装
    容器
    梱包
    500mL
    ガラス瓶
    20本
    組成・性状
    組成:フェノール98.0%以上を含む。
    性状:本品は無色~わずかに赤色の結晶または結晶性の塊で、特異なにおいがある。
    効能・効果
    用法・用量
    本剤をそれぞれ下記の濃度に希釈して使用する。
    1.手指・皮膚の消毒
    フェノール1.5~2%溶液(本剤の50~65倍希釈液)
    2. 医療用具・手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒
    フェノール2~5%溶液(本剤の20~50倍希釈液)
    3.排泄物の消毒
    フェノール3~5%溶液(本剤の20~33倍希釈液)
    4.痒疹(小児ストロフルスを含む)、じん麻疹、虫さされ
    フェノール1~2%溶液(本剤の50~100倍希釈液)又は2~5%軟膏として用いる。
    貯法
    遮光して室温保存、気密容器
    規制区分
    劇薬、指定医薬品
    補足資料
    ラベル

  • 557158
    液状フェノール「ヤマゼン」
    日本薬局方 液状フェノール
    包装
    容器
    梱包
    500mL
    ガラス瓶
    20本
    組成・性状
       
    組成:日局フェノール88.0%以上を含有。
    性状:本剤は無色またはわずかに赤色を帯びた液で、特異なにおいがある。エタノール、エーテルまたはグリセリンと混和する。グリセリンの等容量混液または水と混和する。光、または空気によって徐々に暗赤色となる。皮膚を侵して白くする。
    効能・効果
    用法・用量
     
    本剤をれぞれ下記の濃度に希釈して使用する。
    1.手指・皮膚の消毒
    45~60倍(1.5~2%)
    2.医療用具・手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒
    18~45倍(2~5%)
    3.排泄物の消毒
    18~30倍(3~5%)
    4.痒疹、じん麻疹、虫さされ
    45~90倍(1~2%)又は2~5%軟膏として用いる。
    貯法
       
    遮光保存、気密容器
    規制区分
       
    劇薬、指定医薬品
    補足資料
    ラベル
     
     
     
         

    次のページへ »

 Page 1 of 2  1  2 »